売れっ子・本郷奏多が主演、乙一のベストセラーを映画化!「GOTH」試写会 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月2日 > 売れっ子・本郷奏多が主演、乙一のベストセラーを映画化!「GOTH」試写会
メニュー

売れっ子・本郷奏多が主演、乙一のベストセラーを映画化!「GOTH」試写会

2008年12月2日 12:00

陰のある生徒役が似合う本郷「GOTH」

陰のある生徒役が似合う本郷
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 現在立て続けに出演作が公開されている若手注目株、本郷奏多が12月1日、東京・新橋のスペースFS汐留で開催された主演作「GOTH」の完成披露試写会に出席し、ヒロイン役で共演した高梨臨高橋玄監督らとともに舞台挨拶を行った。

本作は人気作家、乙一の第3回本格ミステリ大賞受賞作で、累計発行部数100万部を記録している同名ベストセラーの映画化。人間の残酷な面に異常なほど関心を抱く2人の高校生、神山樹(本郷)と森野夜(高梨)が1冊の手帳を拾ったことから、猟奇殺人事件に巻き込まれるというストーリーで、撮影は昨年夏に行われた。

撮影から1年以上経ち、ついに主演作が公開されることになった本郷は「やっと皆さんに見てもらえる。テーマは重いですが、映像がきれいな作品なので美術品を楽しむ感覚で見てもらえれば」とPR。作品のテーマであるゴス(ゴシック)に関してはよく分からない部分もあるとしながらも、「リハーサルをたくさん重ねたので、撮影中のプレッシャーはなかったです。監督が薦める映画や、死体が載ってる本をたくさん見て役作りしました(笑)」と暗黒の世界に身を投じる少年役を振り返った。

一方、本作で映画デビューを飾った高梨は、「原作とは視点が違う部分もあるので、原作ファンの方はもちろん、そうでない方もどんな感想を持つのか楽しみ」と語ったほか、共演した本郷については「クールな方だと思っていたが、演技や撮影現場のことをよく知らない私にいろいろなことを教えてくれた」とコメント。これには普段から人見知りで、終始硬い表情だった本郷も思わず照れ笑いを見せ、会場の女性ファンを喜ばせていた。

GOTH」は12月20日公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi