親日家ビゴ、3年ぶり5回目の来日。スペイン映画「アラトリステ」で : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月2日 > 親日家ビゴ、3年ぶり5回目の来日。スペイン映画「アラトリステ」で
メニュー

親日家ビゴ、3年ぶり5回目の来日。スペイン映画「アラトリステ」で

2008年12月2日 12:00

50歳には見えない若々しさ「アラトリステ」

50歳には見えない若々しさ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ロード・オブ・ザ・リング」3部作、「イースタン・プロミス」のビゴ・モーテンセンが、スペインの英雄に扮した映画「アラトリステ」(アグスティン・ディアス・ヤネス監督)のPRのため約3年ぶりに来日。12月1日、東京・市ヶ谷のセルバンテス文化センターにて来日記者会見を行った。

アラトリステ」は、スペインの人気作家アルトゥーロ・ペレス=レベルテの同名小説を映画化した歴史アクションドラマ。17世紀のスペインを舞台に、架空の戦士アラトリステ(ビゴ・モーテンセン)の愛と戦いの日々が、史実を織り交ぜた物語の中でダイナミックに描かれる。

映画のPRとしては今回で5度目の来日となるビゴ。大の親日家として知られるが、それ以上なのが本作にもオランダ兵役で出演している息子ヘンリー(20歳)だそうで、今回のフライト用に剣術と侍に関する本を手渡されたという。「その本には17世紀の剣豪・宮本武蔵について書かれていたが、倫理観やプライド、一匹狼的な生き方など武蔵とアラトリステは共通するところが多いので、日本の観客も共感できると思う。(原作がスペインの国民的人気小説なので)製作時はいろいろなプレッシャーもあり大変だったが、出来上がった今では、20年後も語り継がれるクラシックになったと思っている」と語り、本作をアピールした。

全編スペイン語の演技に挑戦した本作に続いて、来年は再びスペインで舞台に出演する。「舞台は映画のようにカットがかからず、やり直しがない。その上に20年ぶりなので正直とても怖い。だけど大きな挑戦になる。たまに怖さを感じるのはいいことさ(笑)」と意欲的だった。

アラトリステ」は、12月13日よりシャンテシネほかにてロードショー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi