パーキンソン病のマイケル・J・フォックスが語る。「あと10年は大丈夫」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月1日 > パーキンソン病のマイケル・J・フォックスが語る。「あと10年は大丈夫」
メニュー

パーキンソン病のマイケル・J・フォックスが語る。「あと10年は大丈夫」

2008年12月1日 12:00

パーキンソン病の研究に資金提供

パーキンソン病の研究に資金提供
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 98年にパーキンソン病を患っていることを公表し、2000年以降は俳優業の一線から退いているマイケル・J・フォックス(47)が、米ピープル誌最新号のインタビューに答え、「病気のおかげで自分の人生は素晴らしいものになった」と変わらぬ前向きな心境を語った。

フォックスは、2000年にTVシリーズ「スピン・シティ」を降板して以来、妻トレイシー・ポランと共に4人の子育てをしながら闘病生活を続けている。また、マイケル・J・フォックス・パーキンソン病研究財団の活動にも積極的で、これまでに同財団として1億4000万ドル(約133億円)の資金をパーキンソン病研究のために提供している。

フォックスは、「今の状態からすると、あと少なくとも10年は大丈夫」と自身の健康状態について語る。現在、自分に合った薬物療法のおかげで症状をコントロールできているというが、残念ながら病気の進行をくいとめることはできない。今でも毎日必ず1回は“動作緩慢”と呼ばれる状態に陥るという。

それでも、「自分を気の毒だとは思わないでほしい」とフォックスは言う。「パーキンソン病も、自分の素晴らしい人生の一部。病気のおかげで、自分の人生はよりいっそう素晴らしいものになった」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi