金城武が國村隼に仕掛けたイタズラとは?「K-20/怪人二十面相・伝」舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月27日 > 金城武が國村隼に仕掛けたイタズラとは?「K-20/怪人二十面相・伝」舞台挨拶
メニュー

金城武が國村隼に仕掛けたイタズラとは?「K-20/怪人二十面相・伝」舞台挨拶

2008年11月27日 12:00

國村がお茶目な金城のエピソードを披露「K-20 怪人二十面相・伝」

國村がお茶目な金城のエピソードを披露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 北村想の「怪人二十面相・伝」を原作に、金城武主演で描くアクション・エンタテインメント「K-20/怪人二十面相・伝」の完成披露試写会が、11月26日、東京・有楽町の国際フォーラムにて開催され、キャストの金城武松たか子國村隼高島礼子本郷奏多益岡徹仲村トオル、監督の佐藤嗣麻子、製作総指揮の阿部秀司奥田誠治が舞台挨拶を行った。

江戸川乱歩の小説でおなじみのダークヒーロー、怪人二十面相を題材に描く本作は、架空都市・帝都を舞台に、二十面相に仕立て上げられたサーカス団の曲芸師・遠藤平吉(金城)が、令嬢・羽柴葉子(松)や名探偵・明智小五郎(仲村)を巻き込んで事件の謎に迫るというストーリー。

「やっと皆さんにお見せできる日が来ました。この作品に参加できて光栄です」と映画の完成を喜ぶ主演の金城は、撮影中のエピソードを聞かれると「撮影初日に花嫁姿の松さんをおんぶするシーンを撮ったのですが、(当時)僕は足を怪我していたので、スタッフの方が気遣って吹替えで撮ろうと言ってくれたんです。でも花嫁姿の松さんが素敵だったので自分で演じました」と明かした。これに対して松は、「金城さんに何かあったら私が責任持ってケアさせていただきます」と気遣っていた。

また、主人公平吉の相棒・源治を演じた國村は、「クランクアップの日にシリアスなシーンを撮影していて、監督のOKは出たんですが金城君から『もう1テイク撮らせてほしい』とリクエストされたんです。そうしたら、撮り直しの時に金城君がいきなりお風呂で遊ぶイルカのおもちゃを持ち出してきました」と金城の珍行動を暴露。これについて、当の金城は「撮影が終わってしまうのが淋しくて、(國村さんを)笑わせたいなと思ってやったのですが……」と照れ笑いしながら説明し、キャスト同士の仲の良さを伺わせた。

K-20/怪人二十面相・伝」は12月20日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi