ボイコットに揺れるサンダンス映画祭、オープニング作品は大人のクレイアニメ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月21日 > ボイコットに揺れるサンダンス映画祭、オープニング作品は大人のクレイアニメ
メニュー

ボイコットに揺れるサンダンス映画祭、オープニング作品は大人のクレイアニメ

2008年11月21日 12:00

[映画.com ニュース] 来年1月15日~25日まで開催されるインディペンデント映画界最大の祭典、第25回サンダンス映画祭のオープニング作品に、フィリップ・シーモア・ホフマントニ・コレットエリック・バナらが声優を務めるオーストラリアのクレイアニメ「Mary and Max」が決定した。

同作は、「ハーヴィ・クランペット」で03年アカデミー短編アニメ賞を受賞したオーストラリア人監督アダム・エリオットの作品。サンダンス映画祭でアニメ映画がオープニングを飾るのは、07年の「Chicago 10」以来2度目。

文通を交わすようになるメルボルン郊外在住の8歳の孤独な少女メアリー(コレット)と、ニューヨークに住む、アスペルガー症候群を患う病的に太った44歳のユダヤ人男性マックス(ホフマン)との20年に及ぶ交流を描く。自閉症、精神医学、アルコール依存症、肥満、剥製術、盗癖といったシリアスなテーマを扱うほろ苦くも感動的なダークコメディだという。

徐々に上映作品が固まりつつあるサンダンス映画祭だが、最近、先のカリフォルニア州での同性婚禁止法案通過に関連して、同映画祭への抗議運動が巻き起こっている。

同映画祭の開催地である米ユタ州を拠点にするモルモン教会が、同法案を支持するキャンペーンに巨額の寄付を行っていたことが原因。ユタ州にとって大きな観光資源である同映画祭をボイコットすれば、ユタ州全体の経済にダメージを与えることができるという理屈だ。さらに、同映画祭のメインの上映会場となる映画館チェーン「シネマーク」の代表も同性婚禁止法案支持に9999ドルを寄付していたことが判明し、事態に拍車がかかった。

とはいえ、サンダンス映画祭自体はむしろ早くからゲイ映画の発展に貢献してきたというのも周知の事実。「開催できなくなるといったことはない」というのが大方の見方だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi