ブリトニー・スピアーズ、聖母マリア役を辞退!家族が猛反対 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月18日 > ブリトニー・スピアーズ、聖母マリア役を辞退!家族が猛反対
メニュー

ブリトニー・スピアーズ、聖母マリア役を辞退!家族が猛反対

2008年11月18日 12:00

そりゃあ、やめて正解でしょ「ミルク」

そりゃあ、やめて正解でしょ
Photo : ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ブリトニー・スピアーズが、オファーされていたインディーズ系コメディ「スウィート・ベイビー・ジーザス(Sweet Baby Jesus)」の聖母マリア役を降板していたことが分かった。

本作は、トム・グリーンが聖母マリアの恋人役として出演するほか、ピアース・ブロスナンの息子ショーン・ブロスナンリリー・トムリンらが出演。ブリトニーはマリア役を演じる予定だったが、論議を巻き起こしそうな役柄だけにブリトニーの家族が猛反対し、辞退するよう説得した模様だ。

本作プロデューサーは、「ブリトニーは脚本を読んで、気に入っていたんだ。彼女はマリア役をとても演じたがっていた。しかし、彼女の周りの人間が反対したため、プレッシャーを感じたようだ。タイミングが良くなかった」と、協議の上で降板に同意したことを明かした。なお、ブリトニーは、主題歌の提供だけでも協力したいと考えているという。

ブリトニーの代役には、ショーン・ペン主演「ミルク」にも出演している若手女優アリソン・ピルが決定。撮影は来年1月、米メリーランド州ベツレヘムで開始する予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi