タイツは不評?栗山千明、石田卓也主演「GSワンダーランド」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月17日 > タイツは不評?栗山千明、石田卓也主演「GSワンダーランド」初日
メニュー

タイツは不評?栗山千明、石田卓也主演「GSワンダーランド」初日

2008年11月17日 12:00

タランティーノも惚れた栗山の男装姿に注目!「GSワンダーランド」

タランティーノも惚れた栗山の男装姿に注目!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 60年代後半のGS(グループ・サウンズ)ブーム絶頂期を完全再現し、音楽に夢をかける4人の青春を描いた「GSワンダーランド」が11月15日に初日を迎え、東京・渋谷シネマGAGA!にて舞台挨拶が行われ、劇中で架空のGSバンド「ザ・タイツメン」を演じた、栗山千明石田卓也水嶋ヒロ浅利陽介の4人と、監督の本田隆一が登場した。

ソロデビューを条件に“男”と偽ってバンド入りを果たすミク役を演じ、その男装も話題となっている栗山は、「普段の自分は男前? 男らしいと思っていたのですが、男らしい歩き方やしゃべり方は意識しないとできないものですね」と苦労話を披露。「(胸に)サラシを巻いていた」という演奏シーンについても、「とても楽しめたので、見た方にもその楽しさが伝わればいいな」と語った。

実はこのザ・タイツメン、劇中歌「海岸線のホテル」で11月1日に実際にCDデビュー済み。公開初日とともに解散することとなり、当日は“解散式”も兼ねていたのだが、石田は「自分がCDデビューするということは知らなかったし、何だか勝手に解散ということになり、劇中の僕たちとまったく同じ心境です(苦笑)」と本音も。

その石田曰く、「今日で解散というのは寂しい一方で、タイツをもう履かなくていいといううれしさもあります」と、出演者にはイマイチ不評だったタイツ姿だが、74年生まれながら、高校生以来GSに魅せられ続けてきた本田監督にとっては、「みんな恥ずかしがっていたんですが、僕ひとりだけカッコイイと思っていました」と満足げだった。「GSワンダーランド」は全国公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi