「アラビアのロレンス」の大作曲家モーリス・ジャールが来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月13日 > 「アラビアのロレンス」の大作曲家モーリス・ジャールが来日
メニュー

「アラビアのロレンス」の大作曲家モーリス・ジャールが来日

2008年11月13日 12:00

巨匠たちとコンビを組んできた名作曲家「アラビアのロレンス」

巨匠たちとコンビを組んできた名作曲家
[拡大画像]

[映画.com ニュース] コロンビア映画85周年と日本支社設立75周年、そして巨匠デビッド・リーン監督の生誕100周年を記念して、第15回大阪ヨーロッパ映画祭(11月21日~24日)で上映される「アラビアのロレンス」(62)のニュープリント版。映画祭開催を約1週間後に控え、同作の音楽を手がけた映画音楽の巨匠モーリス・ジャール氏が同映画祭の名誉委員長として来日。11月12日、東京・青山のシティクラブ・オブ・東京で来日記者会見を行った。

ジャール氏は、リーン監督(「アラビアのロレンス」「ドクトル・ジバゴ」「ライアンの娘」「インドへの道」)をはじめ、アルフレッド・ヒッチコック(「トパーズ」)、ルキノ・ビスコンティ(「地獄に堕ちた勇者ども」)、ジョン・ヒューストン(「マッキントッシュの男」「王になろうとした男」)、クリント・イーストウッド(「ファイヤーフォックス」)、ピーター・ウィアー(「刑事ジョン・ブック/目撃者」「モスキート・コースト」「いまを生きる」他)といった巨匠たちの作品の音楽を数多く手がけてきた御年84歳の大作曲家。

会見冒頭「コンニチワ」と日本語で挨拶した後は、同作の音楽を手がけたきっかけについて「プロデューサーのサム(・スピーゲル)にパリからロンドンに呼ばれて、トータル40時間くらいの長いラッシュフィルムを見させられた。その後、サムは6週間で約2時間分の音楽を仕上げて欲しいと言ってきたので、寝るのが大好きな私には無理だと思ったが(笑)、“5時間作曲して20分寝る”というサイクルを作り上げてなんとか仕上げた。私にとって、この仕事は大きなチャレンジだった」と笑顔で振り返ったほか、62年に開催された同作のロイヤルプレミアや「ドクトル・ジバゴ」の録音についてなど、周囲に止められるまで約40分間とめどなく思い出を語り続けた。

また、「ロレンス」以降の長編4作すべてで仕事をしたリーン監督についても「私が仕事をしてきた他の監督たちも素晴らしいが、やはりデビッド・リーンという監督がいなければ、私はこの場にいなかった。『ドクトル・ジバゴ』の時は5回くらいメインテーマを変えさせられたりして、正直、うるさい監督だったけど、彼との仕事は決して忘れないし、彼と仕事をさせてもらったからこそ今の自分がある」と語り、映画史上屈指の大監督に改めて敬意を表して会見を締めくくった。

アラビアのロレンス」ニュープリント版は、11月21日に第15回大阪ヨーロッパ映画祭オープニング記念イベントで、ドキュメンタリー「モーリス・ジャールの軌跡」とともに上映後、12月下旬より東京・新宿のテアトルタイムズスクエアでロードショー公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi