中井貴一、市川崑監督にダマされた!?「その木戸を通って」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月10日 > 中井貴一、市川崑監督にダマされた!?「その木戸を通って」初日
メニュー

中井貴一、市川崑監督にダマされた!?「その木戸を通って」初日

2008年11月10日 12:00

中井貴一、最後の市川監督作品舞台挨拶「その木戸を通って」

中井貴一、最後の市川監督作品舞台挨拶
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年2月に92歳でこの世を去った日本映画の巨匠、市川崑監督。同監督作品の中で、93年に完成していながら唯一未公開だった「その木戸を通って」が11月8日に念願の劇場初公開を迎え、主演の浅野ゆう子中井貴一、スタッフの長田千鶴子(編集)、佐々部清(助監督)による舞台挨拶が東京・銀座の丸の内TOEI2にて行われた。

同作は、ハイビジョン試験放送用の“日本初の長編ハイビジョンドラマ”としてフジテレビによって製作され、直後のベネチア、ロッテルダムの両映画祭で上映されたが、その後長らく眠っていたといういわく付きの1本。浅野は「(ハイビジョンという)新しいことにチャレンジしている姿がキラキラしていて、私も関わっていたことを誇りに思います」と、当時を振り返りながら作品への想いを語った。

「監督から電話で『劇場公開にならないから、あんまりギャラが出せないが……』という出演依頼を受けた」という中井は、「後から意外と予算があったらしいと聞いて、ダマされた気分です(苦笑)」と告白。佐々部助監督が「私が映画監督になってから9本撮っていますが、ここまで(資金的に)贅沢な映画は撮らせてもらっていません」と続けると、場内は爆笑に包まれた。

「できることなら、監督も一緒に見ていただきたかった」と、故人を偲んだ浅野。中井は「市川監督の作品での舞台挨拶はこれで最後だと思うと、悔しさと悲しい想いでいっぱいになります。監督は僕の師匠。天国で会ったときに恥ずかしくないように、これからますます精進したい」と、市川監督への想いとともに挨拶を締めくくった。「その木戸を通って」は全国順次公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi