古田新太、衝撃の配役理由に大慌て。「小森生活向上クラブ」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月10日 > 古田新太、衝撃の配役理由に大慌て。「小森生活向上クラブ」初日
メニュー

古田新太、衝撃の配役理由に大慌て。「小森生活向上クラブ」初日

2008年11月10日 12:00

殺人者風な顔ってどんな顔?「小森生活向上クラブ」

殺人者風な顔ってどんな顔?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 個性派俳優として舞台・TV・映画に大活躍の古田新太が映画初主演を果たした「小森生活向上クラブ」が11月8日に初日を迎え、東京・渋谷のシネ・アミューズにて、古田新太栗山千明忍成修吾、片嶋一貴監督による舞台挨拶が行われた。

同作は「ハーケンクロイツの翼」の片嶋監督が室積光の小説を映画化したもので、冴えない日々を送っていたサラリーマンの小森(古田)が“社会のクズに制裁を加える”ために殺人を繰り返していくというブラックコメディ。

身勝手な正義感を振りかざして暴走する主人公を演じた古田は、「バンバンぶち殺しますんでスカッとしてください。そしてくれぐれも街で人を殺さないように」と、ブラックジョーク交じりに映画の見どころを語った。

初主演作のオファーを受けた時は「興行的に大丈夫なのかなと思った」と自虐ぎみに話す古田に対し、片嶋監督は「キャスティングのポイントは“人を殺しそう”なところ」と衝撃の発言。「この役に共感する部分なんてありませんから!」と慌てて取りつくろう古田に、観客は大爆笑だった。

本作の主人公は悪人を“処刑”することによってストレスを発散していくが、古田自身は「毎日酒を飲んで酔っ払いながら仕事しているので、ストレスは感じたことがない」とのこと。そんな古田と共演した忍成と栗山は、「古田さんのリアクションがすごく面白くて、笑ってしまうことが多かった」(忍成)、「明るくダークな現場ですごく楽しかったです」(栗山)と笑いの絶えない撮影現場を振り返った。「小森生活向上クラブ」は現在公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi