チュート徳井、加藤ローサにふられ妄想炸裂。「天国はまだ遠く」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月10日 > チュート徳井、加藤ローサにふられ妄想炸裂。「天国はまだ遠く」初日
メニュー

チュート徳井、加藤ローサにふられ妄想炸裂。「天国はまだ遠く」初日

2008年11月10日 12:00

ローサ発言に、吉本一のイケメンも妄想全開「天国はまだ遠く」

ローサ発言に、吉本一のイケメンも妄想全開
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「夜のピクニック」の長澤雅彦監督が人気作家・瀬尾まいこの小説を映画化した「天国はまだ遠く」の初日舞台挨拶が、11月8日、東京・渋谷のシネセゾン渋谷にて行われ、主演の加藤ローサとチュートリアルの徳井義実、長澤監督、さらに徳井の相方の福田充徳(ワンシーンだけ出演)も登場した。

同作は、自殺を考えて田舎町を訪れたOLの千鶴(加藤)が、そこで民宿を営む青年・田村(徳井)と出会い、豊かな自然と彼の優しさによって癒されていく姿を描く。

この日の舞台挨拶は、登壇者が観客からの質問に答えるティーチイン形式。観客の男性から「徳井を男性としてどう思うか?」と質問された加藤は、「初共演なのに不思議と気を使うこともなく、会話が盛り上がることもなかった(笑)。兄弟のように接していたので、今さら恋愛に発展することはないですね」とキッパリ。ところが徳井はまったく意に介さず、「僕に対して『好きになってはいけない』とブレーキをかけてるんだと思うけど、ここぞという時には告白してほしい」と妄想コメントを炸裂させた。

一方、「クランクインの30分後にクランプアップという、まさかの短さだった」と語った福田は、本作で本格映画デビューを果たした徳井の演技について聞かれ、「素晴らしかった。才能があふれてますよね」と相方をベタ褒めしたものの、当の徳井から「福田さんは本編を見てない」と暴露されて苦笑い。「ちゃんと見ましたよ。カーチェイスのシーンがすごかった」と適当な感想を述べてさらに徳井にツッコまれ、会場を笑いに包んだ。「天国はまだ遠く」は現在公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi