福田沙紀らが制服姿でめでたく卒業式!「櫻の園」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月10日 > 福田沙紀らが制服姿でめでたく卒業式!「櫻の園」初日
メニュー

福田沙紀らが制服姿でめでたく卒業式!「櫻の園」初日

2008年11月10日 12:00

公開初日が感激の“卒業式”に!「櫻の園(1990)」

公開初日が感激の“卒業式”に!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1990年の同名映画を中原俊監督がセルフリメイクした「櫻の園」が11月8日に初日を迎え、東京・有楽町の丸の内ピカデリー2で、主演の福田沙紀、共演の大島優子、はねゆり、武井咲柳下大菊川怜、中原監督が舞台挨拶を行った。

本作は、名門女子高校に通う悩み多き高校3年生たちが、ある事情が原因で上演が禁止されていたチェーホフの戯曲「桜の園」の再演にかける姿を描く青春ドラマ。

映画初出演にして初主演を務めた福田は、「映画はいかがでしたか? もう1回見に来てくださいね」と笑顔でPR。共演者も「いろいろな世代に受け入れられる作品」()、「撮影現場はすごく楽しかった。その楽しさが画面から伝わったと思う」(はね)と、口々に自信をのぞかせた。

また、劇中はもちろん、プロモーション活動でも着てきたセーラー服姿はその日が最後とあって、初日舞台挨拶が一転、“櫻華学園卒業式”に。教師役を演じた菊川からキャストひとりひとりに、それぞれの役柄に沿ったコメントが書かれた卒業証書が渡された。

福田は菊川から「リーダーとして新しい風を吹き込んでくれた。あなたなくして『櫻の園』の再演はあり得なかった」と読み上げられると、「実生活ではまだ卒業していないので不思議な気持ち」とハニカミながらも、「初日を迎えてスタッフ、キャスト一同、うれしさと感謝の気持ちでいっぱい」とリーダーとしての晴れ舞台を立派に務め上げた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi