20世紀フォックスが「サイドウェイ」を日本でリメイク!菊地凛子ら出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月7日 > 20世紀フォックスが「サイドウェイ」を日本でリメイク!菊地凛子ら出演
メニュー

20世紀フォックスが「サイドウェイ」を日本でリメイク!菊地凛子ら出演

2008年11月7日 12:00

オリジナルの雰囲気にソックリ!「サイドウェイ」

オリジナルの雰囲気にソックリ!
(C)2009 Fuji Television / 20th Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 04年アカデミー賞で脚色賞を受賞したアレクサンダー・ペイン監督、ポール・ジアマッティ主演の「サイドウェイ」が、「サイドウェイズ」という日本映画としてリメイクされ、09年秋に公開されることが決定した。小日向文世生瀬勝久菊地凛子鈴木京香がメインキャストを務める。

オリジナルの「サイドウェイ」は、ワインオタクで小説家志望の国語教師マイルス(ポール・ジアマッティ)が、結婚を1週間後に控えた学生時代からの友人で売れない俳優のジャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)と共にカリフォルニアのワイナリーを回る旅を通して自身を見つめ直していく物語で、米アカデミー賞では作品、監督、助演男優、助演女優、脚色の5部門にノミネートされ、脚色賞を受賞した。

今回のリメイク版「サイドウェイズ」では、小日向が演じる中年シナリオライターが、生瀬が演じる米国在住の友人の結婚式に出席するために渡米し、2人で独身最後の旅に出て人生を見つめ直すという物語。カルフォルニアワインで知られるサンフランシスコ近郊、ナパで数々のワイナリーを巡りながら、大人の男女4人の恋愛模様や人生を見直す姿をコミカルなタッチで描く。

監督はこれまで、「ローレライ」や「20世紀少年」など邦画の大作で海外ロケ部分の監督補などを務めてきた日本在住のアメリカ人チェリン・グラックで、本作が映画監督デビュー作。舞台となる米カリフォルニアでのロケ撮影が終了したばかりで、ポストプロダクションも同地で行われるとのこと。オリジナル版の配給も手がけた20世紀フォックス映画が、フジテレビと共同製作。配給も20世紀フォックスが担当し、09年秋に公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi