クリント・イーストウッドが、俳優業引退をあらためて語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月6日 > クリント・イーストウッドが、俳優業引退をあらためて語る
メニュー

クリント・イーストウッドが、俳優業引退をあらためて語る

2008年11月6日 12:00

役者バカってわけじゃなし「ミリオンダラー・ベイビー」

役者バカってわけじゃなし
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 10月下旬、USAトゥデイ紙に“俳優業からの引退”を語ったクリント・イーストウッドが、アイルランドのサンデーワールド紙のインタビューに答え、あらためて俳優業から身を引くことを示唆した。

「『グラントリノ(原題)』がおそらく最後の出演作になるだろう。映画に出るたびに“もう十分だろう”と思ってきた。私はいつも、カメラの後ろにいるほうが心地良いと感じている」とコメントしたイーストウッドは、04年の「ミリオンダラー・ベイビー」を最後に、「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」「チェンジリング」と監督業に専念している(「さよなら。いつかわかること」では作曲家として楽曲を提供)。

つい先日、「ミリオンダラー・ベイビー」でアカデミー作品賞に輝いている製作者アルバート・ラディが、企画中の作家マーク・トウェインの伝記映画にイーストウッドが出演すると語っているが、今回の発言が本当ならば、4年ぶりに俳優としても出演した監督・主演作「グラントリノ」(12月全米公開)が俳優としての最後の作品になる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi