クリント・イーストウッドが、俳優業引退をあらためて語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月6日 > クリント・イーストウッドが、俳優業引退をあらためて語る
メニュー

クリント・イーストウッドが、俳優業引退をあらためて語る

2008年11月6日 12:00

役者バカってわけじゃなし「ミリオンダラー・ベイビー」

役者バカってわけじゃなし
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 10月下旬、USAトゥデイ紙に“俳優業からの引退”を語ったクリント・イーストウッドが、アイルランドのサンデーワールド紙のインタビューに答え、あらためて俳優業から身を引くことを示唆した。

「『グラントリノ(原題)』がおそらく最後の出演作になるだろう。映画に出るたびに“もう十分だろう”と思ってきた。私はいつも、カメラの後ろにいるほうが心地良いと感じている」とコメントしたイーストウッドは、04年の「ミリオンダラー・ベイビー」を最後に、「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」「チェンジリング」と監督業に専念している(「さよなら。いつかわかること」では作曲家として楽曲を提供)。

つい先日、「ミリオンダラー・ベイビー」でアカデミー作品賞に輝いている製作者アルバート・ラディが、企画中の作家マーク・トウェインの伝記映画にイーストウッドが出演すると語っているが、今回の発言が本当ならば、4年ぶりに俳優としても出演した監督・主演作「グラントリノ」(12月全米公開)が俳優としての最後の作品になる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi