吉永小百合が豪快ホームラン!?「まぼろしの邪馬台国」初日舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月4日 > 吉永小百合が豪快ホームラン!?「まぼろしの邪馬台国」初日舞台挨拶
メニュー

吉永小百合が豪快ホームラン!?「まぼろしの邪馬台国」初日舞台挨拶

2008年11月4日 12:00

吉永主演で映画も大ホームラン?「まぼろしの邪馬台国」

吉永主演で映画も大ホームラン?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1960年代に邪馬台国ブームを巻き起こした盲目の文学者、宮崎康平の同名ノンフィクション(第1回吉川英治文化賞受賞作)を原作に、宮崎とその妻・和子が二人三脚で邪馬台国を探し求める姿を描いた「まぼろしの邪馬台国」が、11月1日に初日を迎えた。東京・銀座の丸の内TOEI1では、主演の吉永小百合竹中直人のほか、窪塚洋介柳原可奈子綾小路きみまろ宮崎香蓮由紀さおり堤幸彦監督の総勢8名による舞台挨拶が行われた。

木枯らしが吹く肌寒い日ながら晴天に恵まれたこの日、多くのファンが詰めかけた客席を前に、吉永は「寒い時期の公開は、寒くならないか、雪が降らないかと前の日から眠れないことがあります。2、3日前は雨だった予報が、今日は素晴らしい秋晴れになりました」と挨拶。そして共演の竹中は……となると、その姿がない。すると壇上にはイリュージョンボックスが登場し、その中から竹中が「じゃ~ん!」と出現。その竹中は、「僕はこの映画で、吉永小百合さんと共演できたのが本当に夢のよう」と心境を披露。そして「それではいきます! 吉永小百合、イェーィ!」と、ハイテンションで観客をあおった。

「大変厳しい時代ですが、この映画の2時間で、ほっと温かい気持ちになってもらえれば……という気持ちを込めて作りました」という堤監督の締めのあとには、出演陣によるサインボール投げが行われ、西武ファンで知られる主演の吉永がプラスチックバットを持ち出してのティーバッティングを行う一幕も。なかには2階席へも飛び込むホームラン級の豪快な打球もあり、会場は大きな賑わいを見せた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi