「E.T.」の名子役ヘンリー・トーマス、ラッセ・ハルストレム監督の新作に出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月27日 > 「E.T.」の名子役ヘンリー・トーマス、ラッセ・ハルストレム監督の新作に出演
メニュー

「E.T.」の名子役ヘンリー・トーマス、ラッセ・ハルストレム監督の新作に出演

2008年10月27日 12:00

[映画.com ニュース] スウェーデンの名匠ラッセ・ハルストレム監督(「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」「ギルバート・グレイプ」)が製作中の新作恋愛映画「Dear John」に、「E.T.」のエリオット少年役で知られるヘンリー・トーマス(37)が出演することになった。

原作は、「きみに読む物語」のニコラス・スパークスによる恋愛小説「きみを想う夜空に」。陸軍兵士のジョン(チャニング・テイタム)は休暇中に故郷の女子大生サバナ(アマンダ・セイフライド)と恋に落ちるが、9.11の同時多発テロ後に再び戦地に赴き、遠距離恋愛が始まるというストーリー。

トーマスは、ジョンの留守中にサバナが恋をする“年上の男”を演じる。

トーマスの最新出演作は、中田秀夫監督「女優霊」のハリウッド・リメイク版「Don't Look Up」(フルーツ・チャン監督)。「すべての美しい馬」(00)、「ギャング・オブ・ニューヨーク」(02)に出演しているほか、昨年はCBSのドラマ「WITHOUT A TRACE/FBI失踪者を追え!」にもゲスト出演した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi