ハリウッド並のスケール感で中国内戦の悲劇描く「戦場のレクイエム」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月24日 > ハリウッド並のスケール感で中国内戦の悲劇描く「戦場のレクイエム」
メニュー

ハリウッド並のスケール感で中国内戦の悲劇描く「戦場のレクイエム」

2008年10月24日 12:00

アジアの力を侮るべからず「戦場のレクイエム」

アジアの力を侮るべからず
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中華人民共和国建国前夜の1946年、中国共産党と中国国民党との間に勃発した“国共内戦”の悲劇を描く「戦場のレクイエム」が、10月23日、第21回東京国際映画祭の特別招待作品として上映され、会場の東京・六本木ヒルズで監督のフォン・シャオガンが会見した。

本作は、47名の部下を失いただひとり生き残った主人公が、戦死した仲間の名誉を取り戻すため、その後の人生を捧げる様子を描き、中国では歴代2位の興行成績を記録。中国のアカデミー賞といわれる金鶏賞では最優秀作品賞ほか主要4部門を独占する成功を収めた作品だ。

作中のリアリティとスケール感にあふれる戦場の描写は「プライベート・ライアン」を彷彿とさせるが、シャオガン監督は、韓国の戦争大作「ブラザーフッド」を手がけたカン・ジェギュ監督に助言と協力を求め、製作にこぎつけたという。ジェギュ監督には「ハリウッドを妄信しすぎることはない。私たちが知恵を出し合えば、ハリウッドと同等のものが作れる」と言われたそうで、シャオガン監督も「日本、中国、韓国などアジアの力を合わせれば、ハリウッド並みの映画が作れるはず」と力説した。

ちなみに、日本ではチャン・ツィイー主演の歴史劇「女帝/エンペラー」で知られるシャオガン監督だが、本国ではもともとコメディ映画の巨匠として有名。次回作は「女帝」プロモーション来日時の自身の体験を盛り込んだロマンチック・コメディで、先月まで北海道でその新作を撮影していたそうだ。

戦場のレクイエム」は09年正月第2弾公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi