ベン・スティラーがシリアス映画「シカゴ7裁判」の監督に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月24日 > ベン・スティラーがシリアス映画「シカゴ7裁判」の監督に!
メニュー

ベン・スティラーがシリアス映画「シカゴ7裁判」の監督に!

2008年10月24日 12:00

オスカーでも狙ってみるか「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」

オスカーでも狙ってみるか
(C)2008 DreamWorks LLC.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 68年8月に米イリノイ州シカゴで開かれた米民主党全国大会でベトナム反戦デモを行い、暴動共謀罪で逮捕された7名の被告“シカゴ7”をめぐる裁判での戦いを追った政治スリラー「シカゴ7裁判(The Trial of the Chicago 7)」の監督が何と、ドリームワークス映画「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」(11月22日公開)を全米大ヒットさせたベン・スティラーに決定した。米ハリウッド・レポーター誌が報じたもの。

同プロジェクトは当初、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化に向けて奔走していたが、エルジェの人気漫画の実写映画化「タンタン」をピーター・ジャクソン監督と共同製作・監督するなど、多忙なスケジュールのため降板。その後、「ユナイテッド93」「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス監督などが候補になっていたが、急転、スティラー監督に決まった。青春映画「リアリティ・バイツ」(94)で念願の監督デビューを果たして以降、「ケーブル・ガイ」(96)、「ズーランダー」(01)、「トロピック・サンダー」(08)とコメディ映画ばかりを手がけてきたスティラーにとって、これは初のシリアスドラマになる。奇しくも、前作「トロピック~」はベトナム戦争を題材としていた。

同作の脚本はすでに、「ア・フュー・グッドメン」「アメリカン・プレジデント」「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」やTVドラマ「ザ・ホワイトハウス」で知られる脚本家アーロン・ソーキンによって完成済み。09年の全米公開を目指し、急ピッチで製作される見込み。

スピルバーグ監督版では、サシャ・バロン・コーエン(「ボラット」)が“シカゴ7”の1人のアビー・ホフマン役、ウィル・スミスがブラック・パンサー党の活動家ボビー・シール役、フィリップ・シーモア・ホフマン(「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」)が弁護士ウィリアム・クンスラー役など、超豪華キャストが決まっていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi