松雪泰子、妊娠直後に乳ガン再発する難役に挑戦。「余命」舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月21日 > 松雪泰子、妊娠直後に乳ガン再発する難役に挑戦。「余命」舞台挨拶
メニュー

松雪泰子、妊娠直後に乳ガン再発する難役に挑戦。「余命」舞台挨拶

2008年10月21日 12:00

ママの松雪は命の重さを実感「余命」

ママの松雪は命の重さを実感
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 10月20日、谷村志穂の同名小説を松雪泰子主演で映画化した人間ドラマ「余命」が、第21回東京国際映画祭の「日本映画・ある視点」部門で上映された。東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズにて、主演の松雪泰子生野慈朗監督が舞台挨拶を行った。

38歳の外科医・滴(松雪)は結婚10年目にして待望の赤ちゃんを授かり、夫の良介(椎名桔平)と喜び合うが、その直後、滴は結婚前に1度患っていた乳ガンが再発してしまう。子供を諦めて治療に専念するか、ガンの進行を早めることになっても子供を産むか。医者という立場から病を知り尽くした彼女は、苦渋の決断を迫られる。

生か死か、究極の選択に直面するヒロインを熱演した松雪は、「私にも家族があり、出産経験もあるので、いろんなことを考えさせられた。主人公の選択はとても衝撃的で、彼女の精神状態を受け入れるのに時間がかかった。でも、だからこそ演じる上で自分にはなかったものが生まれた」と難しい役どころについて真摯に語った。

1人の女性の生きざまを通して命の尊さを描き出した生野監督は、「この映画は『レッドクリフ』のようなスペクタクルではないし、『容疑者Xの献身』のように犯人を捜すサスペンスでもない。でも、この映画では生きていく人の日常が脈々と描かれている。ことさら劇的にせず、きめ細やかに日常を描くことに心を砕いた」と、派手さより人間ドラマに重きをおいたことを明かした。

壇上には主題歌「Get A Life/Again」を担当したtwenty4-7(トウェンティーフォー・セブン)の2人が花束贈呈で登場し、「生きている意味を知ってほしいと思って泣きながら歌詞を書いた曲。インディーズ時代から歌い続けてきたこの曲を、主題歌に選んでもらえたなんていまだに信じられない」と感慨深げに話した。

余命」は09年2月7日より全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi