長澤まさみ「私だったら見せられない」。谷村美月の自然体を絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月17日 > 長澤まさみ「私だったら見せられない」。谷村美月の自然体を絶賛
メニュー

長澤まさみ「私だったら見せられない」。谷村美月の自然体を絶賛

2008年10月17日 12:00

恥ずかしくて見せられないものは?「つみきのいえ」

恥ずかしくて見せられないものは?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 長澤まさみ谷村美月が10月16日、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた「pieces of love」DVD発売記念上映会でトークショーを行った。若手人気女優として引っ張りだこな2人だが、意外にも今回が初顔合わせ。長澤は「目が印象的でフィルムジェニックな女優さん。3つしか歳が違わないけど、私より大人っぽい」と谷村を褒め、谷村は「一緒にトークショーができて光栄です」と挨拶した。

「pieces of love」は、「ALWAYS 三丁目の夕日」などで知られるプロダクション、ROBOTが、気鋭の若手クリエイターと組んで送り出すショートストーリー集。長澤は今年のフランス・アヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリを獲得した「つみきのいえ」(加藤久仁生監督)でナレーションを担当。谷村は実写作品「日にち薬」(永田琴監督)に主演している。

少女の片想いを描いた「日にち薬」について長澤は、「美月ちゃんの日常生活を見ちゃった感じ。ナチュラルでかわいくて、私だったら恥ずかしくて見せられないのに、惜しげもなく見せつけてる」と自然体な谷村を絶賛。谷村は照れながらも「監督が女性だったのでよかったのかも。私もとまどいなくやっていたのが不思議でした」と撮影を振り返った。また、同作の内容にちなんで「男性の素敵だと思う瞬間は?」との質問には、谷村は「笑顔」、長澤は「なんでもいいから一生懸命に頑張っているところ」とそれぞれ答えた。

一方、「つみきのいえ」は、海面の上昇に伴い積み木のように家を建て増して生きてきた老人が人生を回想する物語で、長澤は「主人公のおじいちゃんが最後に前向きになる姿が、祖父を亡くしても前向きに生きる私の祖母に似ている」と話し、「私もまだそんなに人生を経験してないけど、これから進んでいく毎日を大切にしようと感じました」と語った。

DVD「pieces of love」は、「つみきのいえ」を収録したVol.1と、「日にち薬」ほか仲里依紗主演の「It's so quiet.」など計3編を収録したVol.2が10月24日に発売される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi