リドリー・スコット監督が傑作SF「終りなき戦い」を映画化! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月15日 > リドリー・スコット監督が傑作SF「終りなき戦い」を映画化!
メニュー

リドリー・スコット監督が傑作SF「終りなき戦い」を映画化!

2008年10月15日 12:00

SF映画の傑作第3作目?「ブレードランナー」

SF映画の傑作第3作目?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「エイリアン」(79)や「ブレードランナー」(82)で今なおSFファンの熱狂的な支持を集めるリドリー・スコット監督が、4半世紀ぶりにSF映画を映像化することになった。

米バラエティ誌によると、スコット監督がこのほど、74年に出版されたジョー・ホールドマンのSF小説「終りなき戦い(原題: The Forever War)」の映画化権を獲得。星間戦争を描く同書は、「スターシップ・トゥルーパーズ」の原作となったロバート・A・ハインラインの「宇宙の戦士」と並び称せられる傑作で、ヒューゴー賞とネビュラ賞を同時受賞している作品。物語の主人公は、エリート徴兵法により選抜され、宇宙のかなたへ異星人トーランとの全面戦争に赴いたウィリアム・マンデラ。彼は、地球に帰還するたびに“ウラシマ効果”により家族や知人を失い、地球の社会そのものが大きく変容するさまに愕然とする。そして戦友で恋人のメアリーゲイとの別れも経験する。

「私が最初に『終りなき戦い』を映画化しようと思ったのは25年前」と語るスコット監督にとって念願の企画だが、当時はSFXの第1人者リチャード・エドランドが映画化権を握っていて映画化できなかったという。「その本は時を経るに従って私の中でどんどん増大してきた。これは、キラキラと輝き、頭が混乱するようなSFエピックであり、部分的に『ブレードランナー』の手法で描いた“宇宙の旅”的なところがある」

まずはすみやかに脚本家探しから始めるというが、撮影が延び延びになっているラッセル・クロウ主演のロビン・フッド映画「ノッティンガム」を先に映画化することになるようだ。スコット監督の日本での近作は、レオナルド・ディカプリオラッセル・クロウ共演の「ワールド・オブ・ライズ」(12月20日公開)だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi