マイケル・ダグラス主演「ウォール街」続編が、金融恐慌のさなかに始動 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月14日 > マイケル・ダグラス主演「ウォール街」続編が、金融恐慌のさなかに始動
メニュー

マイケル・ダグラス主演「ウォール街」続編が、金融恐慌のさなかに始動

2008年10月14日 12:00

[映画.com ニュース] オリバー・ストーン監督の代表作「ウォール街」(87)の続編企画が動き出した。今まさに経済の中心地ウォール街に世界中の注目が集まるなか、それでもやはり「強欲は善」なのか、再び問いかける。

続編のタイトルは「Money Never Sleeps」。20世紀フォックスによって続編が製作されることはすでに昨年報じられていたが、今回、新たに脚本に「ラスベガスをぶっつぶせ」のアラン・ローブが決まったことが発表された。詳細は明らかにされていないが、前作同様、非情な投資家ゴードン・ゲッコーが主人公の物語を一から書き直すことになるという。

そのゲッコーを演じてアカデミー主演男優賞を獲得したマイケル・ダグラスは、続編への出演にも乗り気だと伝えられているが、最終的には完成した脚本を読んでから決断すると語っているようだ。

続編の監督は未定。プロデューサーは、前作に引き続きエド・プレスマンが務めることになっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi