アンジェリーナ・ジョリーがイーストウッド監督に仕事をおねだり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月10日 > アンジェリーナ・ジョリーがイーストウッド監督に仕事をおねだり
メニュー

アンジェリーナ・ジョリーがイーストウッド監督に仕事をおねだり

2008年10月10日 12:00

大女優はおねだり上手「チェンジリング」

大女優はおねだり上手
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アンジェリーナ・ジョリークリント・イーストウッド。ニューヨーク映画祭に出品されたスリラー「チェンジリング」(09年公開)の主演女優と監督が、10月7日、米MTVニュースのカメラに仲良く収まった。

ジョリーはインタビューで、自分自身の出演作を見るのが好きではないと告白。「(スクリーンで)自分を見るのが好きじゃないの。『ウォンテッド』だって楽しい映画だって聞いているけど、まだ見ていない。もし見ても動揺せずにいられるなら、そうしたいとは思うわ。でも、この映画(『チェンジリング』)は見たわよ。誇りに思うし、本当に美しい映画だわ」

1928年のロサンゼルスを舞台にした同作で彼女が演じるのは、幼い息子が行方不明になってしまう母親クリスティーン・コリンズ。ところが、ロサンゼルス警察から彼女のもとに連れ戻されてきた男の子はまったくの別人だったというミステリアスな実話だ。

「脚本を読んで、出来るだけ自分は関わりたくないと思った。だって、私の子供にあんなことが起こるなんて考えたくもなかったから。でも、こんなシーンは見たくないと思ったと同時に、なかなか忘れることができなかったの。そして、私はこれを伝えるべきだと気づいたのよ」と難しい母親役をこなしたジョリー。「私は母であり、女優でもあるの。物語を伝えるのが好きだし、他人と何かつながるような情感を表現したいと思う。この映画で、他の母親たちがどんな反応をするか非常に興味深いわ」

イーストウッド監督の次回作は、「ヒューマン・ファクター」(09年全米公開)。南アフリカ共和国初の黒人大統領ネルソン・マンデラモーガン・フリーマン)にフォーカスを当て、95年のラグビーワールドカップの、ホスト国の熱狂をとらえた感動のスポーツ映画だ。

イーストウッド作品に出るのが“夢”だったというジョリーはその次回作にも、「全シーンでエキストラ出演したい(笑)」と猛アピール。「マンデラ役でも演じるかい?(笑)」とユーモアで返したイーストウッド監督に、「もう一度、監督してほしいの。お仕事ちょうだい!」とおねだりした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi