アン・ハサウェイ、バートン版「不思議の国のアリス」に出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月8日 > アン・ハサウェイ、バートン版「不思議の国のアリス」に出演
メニュー

アン・ハサウェイ、バートン版「不思議の国のアリス」に出演

2008年10月8日 12:00

プリンセス女優は女王様がお似合い「不思議の国のアリス」

プリンセス女優は女王様がお似合い
(C)2008 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジョナサン・デミ監督の主演作「Rachel Getting Married」が全米公開され、評判も上々のアン・ハサウェイが、ティム・バートン監督のディズニー映画「不思議の国のアリス」への出演が決定した。また、バートン監督のパートナー、ヘレナ・ボナム・カーターの出演も決定した。

同作は、ルイス・キャロル原作の古典的ファンタジーを、実写撮影とモーションキャプチャー技術を合成して映像化されるもので、ヒロインのアリス役に戦争大作「ディファイアンス(Defiance)」(12月全米公開、ダニエル・クレイグ共演)を控える18歳のオーストラリア人女優ミア・ワシコウスカ、帽子屋役にジョニー・デップが決定している。

ハサウェイが演じるのは、ルイス・キャロルによる続編「鏡の国のアリス」に登場する慈悲深い“白の女王”で、カーターが演じるのはいじわるな“赤の女王”だという。

ハサウェイの近作には、セクシーなエージェント99を演じたスティーブ・カレル共演のスパイコメディ「ゲットスマート」(10月11日日本公開)など。一方、バートン監督によるミュージカル「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」でもデップと共演したカーターの近作は、「ターミネーター4」(09年公開)や魔女ベアトリックス・レストレンジを演じた「ハリー・ポッターと謎のプリンス」(09年7月公開)などがある。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi