フジテレビ&プロダクションI.Gが3DCGアニメ「ホッタラケの島」でタッグ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月6日 > フジテレビ&プロダクションI.Gが3DCGアニメ「ホッタラケの島」でタッグ!
メニュー

フジテレビ&プロダクションI.Gが3DCGアニメ「ホッタラケの島」でタッグ!

2008年10月6日 12:00

日本ならではの3DCGアニメを「キル・ビル」

日本ならではの3DCGアニメを
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「攻殻機動隊」「スカイ・クロラ」などの押井守監督作品や「キル・ビル」のアニメパートなど、ハイクオリティなアニメーション作品を送り出しているプロダクションI.Gと、「踊る大捜査線」など数々のヒット映画を有するフジテレビがタッグを組み、オリジナルの3DCGアニメ「ホッタラケの島」(仮題)を製作することが発表された。

子供のころに大切にしていたものの、いつしか放置されてしまったおもちゃや絵本といった宝物。「ホッタラケの島」は、そうした“ほったらかし”にされた宝物を集めて作られた不思議な“ほったらけの島”に、不思議なきつねのテオの後を追う内に迷い込んでしまった女子高生・はるかの冒険が描かれる。

本作は05年3月から企画開発が始動。ピクサーを始めとしたハリウッドのCGスタッフからのアドバイスを受けて、製作は現在も進行中。年末には声優を決定し、年明けにアフレコ。09年6月~7月ごろの完成を目指し、09年8月に東宝配給で全国公開予定。監督はTVゲームのオープニングムービーなども手がけた経験を持つ、「砂時計」の佐藤信介が務める。

09年は松竹配給でりんたろう監督(「銀河鉄道999」「メトロポリス」)が手がける3DCGアニメ「よなよなペンギン」の公開も予定されているが、ピクサーやドリームワークスなどハリウッドではフル3DCGアニメが全盛となっている今、09年はアニメ大国日本発のファミリー向け3DCGアニメが話題となりそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi