塚本高史らが人生最大の決断を告白!「イエスタデイズ」完成披露試写会 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月3日 > 塚本高史らが人生最大の決断を告白!「イエスタデイズ」完成披露試写会
メニュー

塚本高史らが人生最大の決断を告白!「イエスタデイズ」完成披露試写会

2008年10月3日 12:00

塚本高史と國村隼が父子に「イエスタデイズ」

塚本高史と國村隼が父子に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 40万部を超える本多孝好著のベストセラー短編集「FINE DAYS」の中から、特に人気の高い1編を映画化した「イエスタデイズ」(11月1日公開)の完成披露試写会が、10月2日、東京・新宿のシネマート新宿にて行われ、主演の塚本高史、共演の國村隼原田夏希和田聰宏窪田崇監督らが舞台挨拶に登壇した。

本作は、余命わずかな父・昭彦(國村)の願いで、父が32年前に別れた恋人・澪を探すことになった聡史(塚本)が、不思議なスケッチブックに導かれて若き日の昭彦(和田)と澪(原田)に出会い、画家を夢見て真剣に生きる昭彦と交流するうち、嫌っていた父に対する誤解が少しずつ解けていくというヒューマン・ファンタジー。

榎本くるみによる主題歌のライブで幕を開けた舞台挨拶は、スガシカオのPVなどを経て本作が初長編映画となった窪田監督が「この映画は“決断”がテーマ」と語ったのを受け、登壇者全員が人生最大の決断を告白。國村は「優柔不断なので……。何かを決断するべき時が、これから先に来るのでは」、塚本は「5日前にタバコをやめたこと」と語るなど、それぞれユニークなコメントを披露した。さらに、黒地に銀ラメとスパンコールをちりばめたド派手なカーディガンを着た和田が「1時間前にこの衣装に決めたこと」と話すと会場は爆笑に包まれ、塚本は「和田君に(おいしいところを)持って行かれた!」と悔しがった。

最後に、塚本は観客に向けて「この映画には家族、友情、恋愛の要素が詰まっている。いろいろなものを感じて、何かを自分で決断するきっかけにしてほしい」と笑顔でメッセージを送った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi