ラッセル・クロウが28キロも激太り。幸せで食べ過ぎが原因? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月2日 > ラッセル・クロウが28キロも激太り。幸せで食べ過ぎが原因?
メニュー

ラッセル・クロウが28キロも激太り。幸せで食べ過ぎが原因?

2008年10月2日 12:00

ハリウッドの放蕩児も、 今ではすっかり中年パパ「ワールド・オブ・ライズ」

ハリウッドの放蕩児も、
今ではすっかり中年パパ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リドリー・スコット監督のスリラー「ワールド・オブ・ライズ」(12月20日公開)で、レオナルド・ディカプリオ相手にCIAのボスを演じたラッセル・クロウが役作りのため、63ポンド(約28キロ)も激太りした。

「朝食にチーズバーガーを食べているんだ」と米ワーナーのセレブ情報サイトExtraに答えたクロウは、デザートに“スプリンクルス”(米のケーキチェーン店)のカップケーキを食べるのも日課にしているという。

クロウはスパイスリラーへの出演は初めてだが、ディカプリオとは西部劇「クイック&デッド」(95)以来の共演となる。「(ディカプリオが)今では合法的に酒が飲めて、童貞じゃなくなったことを除けば、当時とまったく同じだった」と、クロウは冗談交じりに彼との再共演を喜んでいる様子。

「彼がメイク室の椅子に座るのを待って、彼に近づいて『アチョー!』って叫び、彼の顔に霧吹きをいっぱいかけてやるんだ」と、現場ではいたずらし放題だったようだ。

まるで子供のようないたずらだが、4歳のチャーリー、2歳のテニソン、2人の息子を持つ父親としての幸せを実感しているという。酒豪で知られる彼だが、「子供を持ってから、飲むにしてもはしご酒をしなくなった。我慢することを覚えたからか、他にも多くのことをしなくなった。美しい息子たちといていらだってしまうような場所へは行かなくなったよ」とすっかりパパの顔。この激太りは幸せ太り?

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi