ヘンな名前シャイア・ラブーフの本当の意味は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月2日 > ヘンな名前シャイア・ラブーフの本当の意味は?
メニュー

ヘンな名前シャイア・ラブーフの本当の意味は?

2008年10月2日 12:00

ちょっと食べたくない名前!「イーグル・アイ」

ちょっと食べたくない名前!
(C)2008 DREAMWORKS LLC.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督の秘蔵っ子として、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」に次いで、彼が10年前に構想したスリラー「イーグル・アイ」(D・J・カルーソ監督)に出演し主役を務めたシャイア・ラブーフが、米パレード誌のインタビューに答え、ユニークな発音を持つ自分の名前の秘密について明かした。

「フランス語で、ラブーフ(LaBeouf)は“牛肉(Beef)”を意味するが、スペルを間違っているんだよね。本来なら“LaBoeuf”とすべきところを、50年代にビートニクでレズビアンだったおばあちゃんが家族に反抗してわざと名字のつづりを間違って登録し、以来そんな風になったんだ。フランスに行ったら、そのラストネームを見て、『LaBeouf? 読み書きできないのね”と言われるかも(笑)。一方のシャイア(Shia)は、フランスで悪い意味の“4文字言葉(Shxx)”。つまり、文字通り訳すと、僕の名前は『クソったれ、ビーフ』。ロックスターっぽいだろ?」と、本人はこの一風変わった名前をいたく気に入っている様子だ。

最新作「イーグル・アイ」でラブーフが演じるのは、軍に勤める兄の死後、テロリストに間違えられてしまうコピー屋で働く双子の弟ジェリー。いかなる時でも、まるで監視されているかのように謎の女性から脅迫され、知らず知らずのうちに政治家暗殺のメンバーとして加担させられていく……。

ラブーフは「トランスフォーマー」や「インディ・ジョーンズ4」同様に、自分のファーストネームの英語スラングを連発するほどのノンストップ・アクションに挑んでいる。日本では10月18日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi