ウィル・スミス、「アイ・アム・レジェンド2」に出演決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月29日 > ウィル・スミス、「アイ・アム・レジェンド2」に出演決定!
メニュー

ウィル・スミス、「アイ・アム・レジェンド2」に出演決定!

2008年9月29日 12:00

もっと大きく儲けるのがハリウッド流「アイ・アム・レジェンド」

もっと大きく儲けるのがハリウッド流
(C)2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウィル・スミスが、ワーナー・ブラザースが製作する「アイ・アム・レジェンド2」への出演が決定。前作の前日譚(プリクウェル)となる同作で、再び元米国陸軍中佐だった科学者ロバート・ネビルを演じることになった。

往年の人気TVシリーズ「トワイライトゾーン」の原案者でもあるSF作家リチャード・マシスンの小説「地球最後の男」の3度目の映画化作品だった「アイ・アム・レジェンド」(07)は、劇場公開版だけでも全世界で興収5億8400万ドル(約620億円)、DVDなどホームエンターテインメント用ソフトも記録的売上を記録した。

今回の映画化はもちろん、マシスンの小説にはないストーリーになることから、主人公ネビル(スミス)が廃墟と化したニューヨークでいかにして「地球最後の男」になったが描かれるもので、前作の脚本家アキバ・ゴールズマン(「ダ・ヴィンチ・コード」)はプロデューサーに回り、脚本を新人脚本家D・B・ワイスが新たに創作することになる。また、監督第1作だった前作で成功を収めたフランシス・ローレンス監督が再びメガホンを取る。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi