沢村一樹が下ネタで暴走?「センター・オブ・ジ・アース」アフレコ収録 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月26日 > 沢村一樹が下ネタで暴走?「センター・オブ・ジ・アース」アフレコ収録
メニュー

沢村一樹が下ネタで暴走?「センター・オブ・ジ・アース」アフレコ収録

2008年9月26日 12:00

セクハラです!「センター・オブ・ジ・アース」

セクハラです!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東京ディズニーシーの人気アトラクションとしてもおなじみ、ジュール・ベルヌのSF小説「地底旅行」を映画化した「センター・オブ・ジ・アース」の日本語吹替え版キャストに抜擢された沢村一樹矢口真里入江甚儀が、9月25日、東京・浜松町のACスタジオにてアフレコ収録を行った。

ディズニーランドの人気アトラクション「キャプテンEO」「ミクロアドベンチャー!」を手がけたエリック・ブレビグが監督を務める本作は、科学者トレバー(ブレンダン・フレイザー)と彼の甥ショーン(ジョシュ・ハッチャーソン)、地元ガイドのハンナ(アニタ・ブリエム)の3人が、アイスランドにある伝説の洞窟から繋がっている地底160キロメートルの世界を旅するSFアドベンチャー。

今回のアフレコについて、トレバー役を担当した沢村が「すごく大変で逃げ出したくなった」と愚痴をこぼしていたのに対し、ハンナ役を演じた矢口は「ずっと声優をやるのが夢だったので、家で猛練習した。28歳ぐらいの女性の役だったから、いつもより声を低めにした」と、そのこだわりを語った。また、ショーン役を演じた入江は、走るシーンが多い役者の息づかいに合わせて、酸欠を起こしてしまったこともあったのだとか。

和気あいあいと収録エピソードを語り合っていた3人だが、入江が初めて沢村に会った時のことを振り返り、「初対面の会話がいきなり下ネタだった(笑)」と恥ずかしそうに明かす場面も。当の沢村は「彼は今15歳でしょ? 真っ盛りの年齢じゃないですか」とケロリとした様子で、「確か『もう生えそろったの?』とか聞いたんだよね」などと映画の宣伝そっちのけで話し、集まった報道陣を爆笑の渦に巻き込んでいた。

センター・オブ・ジ・アース」は10月25日より全国ロードショー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi