「ウォンテッド」ベクマンベトフ監督がメルビル「白鯨」を映画化! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月25日 > 「ウォンテッド」ベクマンベトフ監督がメルビル「白鯨」を映画化!
メニュー

「ウォンテッド」ベクマンベトフ監督がメルビル「白鯨」を映画化!

2008年9月25日 12:00

今度は、A・ジョリー以上に凶暴な白鯨!「白鯨」

今度は、A・ジョリー以上に凶暴な白鯨!
(C)2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロシア出身で、ハリウッド・デビュー第1作目にして世界中で大ヒットを飾った「ウォンテッド」(公開中)のティムール・ベクマンベトフ監督が、ユニバーサル・ピクチャーズの製作により、ハーマン・メルビルの傑作海洋小説「白鯨」の映画化に挑むことが分かった。

1851年に発表された「白鯨」は、サマセット・モーム著「世界の十大小説」(岩波新書刊)にも選ばれている古典的名作。7つの海へ航海に出た捕鯨船ビークォド号のエイハブ船長と“モビィディック”と呼ばれる白鯨との壮絶な死闘を、船員イシュメールの目を通して、19世紀の捕鯨の実態をリポートしながら、自然対人間、善対悪といったアメリカ的精神を謳った冒険譚。ジョン・ヒューストン監督、グレゴリー・ペック主演の「白鯨」(56)など、これまで3度映画化されている。

ベクマンベトフ監督の新版「白鯨」は、「トラブル・カレッジ/大学をつくろう!」の脚本家コンビ、アダム・クーパービル・コラージュが“グラフィックノベル形式”に一度描き直した物語を映像化する企画。船員イシュメールのナレーションをベースに、原作よりもっと勇敢で強いリーダーシップを持ったエイハブ船長と、まるで「ジョーズ」の人食い鮫のようになった凶暴な白鯨との最後の死闘までが描かれる、VFXを駆使した「アクションアドベンチャー・リベンジストーリー」(脚本家クーパー談)になるようだ。

一方で、ベクマンベトフ監督は「ウォンテッド」の続編のストーリーを練っている最中で、クーパー&コラージュの脚本家コンビにその脚本を依頼しているという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi