シリーズ最新作「007/慰めの報酬」から、あの名セリフが消える! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月24日 > シリーズ最新作「007/慰めの報酬」から、あの名セリフが消える!
メニュー

シリーズ最新作「007/慰めの報酬」から、あの名セリフが消える!

2008年9月24日 12:00

いい“お約束”は残してほしい「007 慰めの報酬」

いい“お約束”は残してほしい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 007シリーズで悪役などに名前を聞かれたジェームズ・ボンドは決まって姓から名乗り、「ボンド、ジェームズ・ボンド」と答える。過去にボンド役の6人の俳優が言ってきたこの名フレーズが、最新作「007/慰めの報酬」(11月14日全米公開、09年1月日本公開)から消えるようだ。

「『ボンド、ジェームズ・ボンド』のセリフは当初の脚本にあったんだ」と、マーク・フォースター監督が英インディペンデント紙の取材に答えた。「何カ所かにそのセリフがあり、脚本通りに撮ろうと思ったが、そのシーンは望み通りに機能しなかった。それでカットしたほうがいいと感じたんだが、(プロデューサーの)バーバラ・ブロッコリマイケル・ウィルソンも同意して、ダニエル・クレイグも同意してくれた。ボンド映画にはいくつかの“お約束”があるが、柔軟な対応に感謝するよ」

前作「カジノ・ロワイヤル」でスパイの秘密兵器としてのガジェットメカが消え、ボンドガールの名前もごく普通にある名前になったシリーズの最新作は、英国情報部MI6のスパイ、ボンド(クレイグ)が前作で亡くした恋人ベスパー・リンド(エバ・グリーン)の復讐を果たそうと奮闘する物語で、シリーズ中異例の“続編”。脚本はニール・パービスロバート・ウェイドポール・ハギスによるものだ。

フォースター監督によると、今回セリフの無駄な重複を省いたのは、アクションコーディネーターに「ボーン・アルティメイタム」のダン・ブラッドリーを起用したように、物語的にもスピーディな展開を目指したからだそうだ。

そのせいか、ネット上で多くの映画情報サイトが報じているように、上映時間はシリーズ最短の1時間44分になる見通しだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi