インド映画「ハリ・プッター」を著作権侵害で訴えたワーナーが敗訴 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月24日 > インド映画「ハリ・プッター」を著作権侵害で訴えたワーナーが敗訴
メニュー

インド映画「ハリ・プッター」を著作権侵害で訴えたワーナーが敗訴

2008年9月24日 12:00

[映画.com ニュース] 大人気シリーズ「ハリー・ポッター」の映画版を製作するワーナー・ブラザースの英国支社が、インド映画「ハリ・プッター(Hari Puttar: A Comedy of Terrors)」の題名が「ハリー・ポッター」に酷似しているとし、同作を製作したムンバイの映画会社ミルチ・ムービーを著作権侵害で訴えていた裁判で、9月22日、インド・ニューデリーの最高裁はワーナーの訴えを棄却した。

インド国内で12日に公開が始まった「ハリ・プッター」は、イギリスに移住したハリという10歳のインド人少年とその家族を描くホーム・コメディ。両親たちが旅行に行き、家で留守番をしていたハリと妹たちが、押し入った2人組の泥棒たちと対決するという、マコーレー・カルキン主演の「ホーム・アローン」にそっくりな内容。

インド最高裁は、同作のタイトルの著作権登録が05年に行われており、3年間訴えていなかったワーナーが著作権侵害を訴えるには値しないと裁定。しかもハリという名はインド人男性にはよくある名前で、プッターはパンジャビ語で“息子”を意味する言葉であることから、題名が酷似しているとは言い難いと指摘。まったくジャンルも違うドタバタコメディであり、魔法使い映画「ハリー・ポッター」とは混同されることもないと結論づけた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi