中井貴一が鈴木京香に愛の告白。「次郎長三国志」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月22日 > 中井貴一が鈴木京香に愛の告白。「次郎長三国志」初日
メニュー

中井貴一が鈴木京香に愛の告白。「次郎長三国志」初日

2008年9月22日 12:00

あでやかなお蝶さんの和装姿に目が釘付け「次郎長三国志」

あでやかなお蝶さんの和装姿に目が釘付け
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「寝ずの番」のマキノ雅彦(津川雅彦)監督が、叔父・マキノ雅弘の代表作として知られる名作シリーズに挑んだ「次郎長三国志」。9月20日、東京・新宿の角川シネマ新宿にて行われた同作の初日舞台挨拶に、マキノ雅彦監督をはじめ、主演の中井貴一鈴木京香北村一輝温水洋一ら“次郎長一家”が和装で集結した。

同作は、義理人情に厚い親分・清水の次郎長(中井)とヤクザ者の子分衆たちの活躍を描いた、笑いあり涙ありの痛快人情時代劇。

監督とキャスト陣が壇上に揃うと、まずは森の石松役の温水が劇中の仁義を切るシーンさながらに「大同仁義ごめんなさんせ……」と長ゼリフを一気にまくし立てる“口上”を披露して、観客からやんやの喝采を浴びた。マキノ監督によると、実はこの温水によるパフォーマンスは本番で15回以上もNGを出したことへの罰ゲームだそうで、思わず監督からの暴露を受けた温水は「この舞台挨拶で初めてトチらずに言えました」と恐縮しきりだった。

同作では次郎長(中井)とお蝶(鈴木)の夫婦愛も描かれているが、中井は「僕は鈴木京香さんが演じるお蝶に心から惚れてました。京香さんの持っている雰囲気は、女性にとっても男性にとっても憧れですよね」と“愛の告白”。それを受けた鈴木は「こういう(次郎長とお蝶のような)愛の形って素晴らしいと思って、いまだかつてないぐらいの喜びでカメラの前にいました。こんなに頼れる旦那さんがいたら、本当に幸せだと思います」と笑顔で答えた。

続いて挨拶したマキノ監督も、「(撮影を終えて)最後に皆で食事した時、『京香ちゃんと貴一ちゃんに結婚してもらうしかない』なんて、実にスキャンダラスな話をしたぐらい」と2人の仲の良さをアピールした。「次郎長三国志」は現在公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi