木村佳乃&中越典子はお揃い下着でバトル!「おろち」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月22日 > 木村佳乃&中越典子はお揃い下着でバトル!「おろち」初日
メニュー

木村佳乃&中越典子はお揃い下着でバトル!「おろち」初日

2008年9月22日 12:00

楳図もまことちゃんポーズ!「おろち」

楳図もまことちゃんポーズ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ホラー漫画の巨匠・楳図かずおの同名コミックを映画化した「おろち」が9月20日、全国約50スクリーンで公開され、東京・有楽町の丸の内TOEI2で、主演の木村佳乃中越典子谷村美月楳図かずお鶴田法男監督らによる舞台挨拶が行われた。

本作は、不老不死の体を持ち、人間界で永遠に生き続ける美少女・おろち(谷村)の目を通して、29歳になると容姿が醜く崩れ始める宿命を背負った富豪・門前家の美人姉妹、一草(木村)と理沙(中越)の心の闇を描くホラー。母・葵(木村・2役)と同じ女優への道を選んだ一草と、芸能界を引退し姉のマネージャーを務める理沙は“仲良し”姉妹だったが、呪われた運命を恐れ、互いへの憎しみや怨念をぶつけ合う。

劇中で壮絶なバトルを繰り広げた木村と中越は、“仲良く”手をつないで登場。木村は「撮影が長引いて急遽、宿泊することになり、コンビニで下着を買った。次の日、典子ちゃんもまったく同じものを身に付けていたことが分かり、不思議な連帯感が生まれた(笑)」と、とっておきのエピソードを笑顔で披露。中越も「人間が生きていく上で、いろいろな感情や憎しみが詰まっている作品で、細やかな表現が大変だったけれど、だからこそうれしく楽しかった」と振り返った。

その後、初日を記念し、開運と呼ぶとされる白ヘビ(おろち)がサプライズ登場すると、ヘビ嫌いの木村は悲鳴を上げてオロオロ。一方、爬虫類好きで知られる中越は「きれいな肌ですねー!」と言ってヘビを腕に巻きつけ、「先日ヘビが夢に出て来たので、現実になってうれしいです」と大喜び。

原作者・楳図は「見終わって変なものが残らない、どんな方でもスカッとする怖さがあります。自作の映画化の中で今回が最高」と太鼓判。“Jホラーの父”鶴田監督は「目標は、楳図作品の映画化の最高傑作だった。自信作でもあり、自分の代表作になった」と胸を張った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi