スピルバーグ率いるドリームワークスがパラマウント映画から独立 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月22日 > スピルバーグ率いるドリームワークスがパラマウント映画から独立
メニュー

スピルバーグ率いるドリームワークスがパラマウント映画から独立

2008年9月22日 12:00

[映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督率いるドリームワークスが、パラマウント・ピクチャーズから独立した。インドの巨大メディア複合企業から巨額融資を受ける2年間の契約を結ぶことになり、新しい映画会社「ドリームワークス」 として生まれ変わった。これまで3年間、ドリームワークスは、メディア企業バイアコムとその姉妹企業パラマウント・ピクチャーズの傘下にいたが、脱退した。

ドリームワークスは1年間で6作品の製作費として、投資銀行J・P・モルガン・チェイスから7億ドル(約748億円)の借入金があるが、このほど契約したインドのリライアンス・ADA・グループはそれを肩代わりするほか、新たに資本金として5億ドル(約534億円)を供出するという。

今後のドリームワークスは、創始者であるスピルバーグと、重役のステイシー・スナイダー(元ユニバーサルCEO)によって舵取りされる。同社にはパートナーのデビッド・ゲフィンも加わる。ただし、もう1人のパートナー、ジェフリー・カッツェンバーグ率いるドリームワークス・アニメーションはそのままパラマウントとの契約を続けるようだ。

パラマウントの収益の3分の2を稼ぎ出していたと言われるドリームワークスの独立について、パラマウント広報はこう声明を発表した。「新事業を始めるスティーブン、デビッド、ステイシーの幸運を祈ります。スティーブンは世界で最も優れたストーリーテラーの1人であり、映画業界における伝説的存在です。過去3年間にわたり、スティーブン並びにドリームワークスとチームを組み、親しく仕事ができたことは誠に光栄なことであり、今後もスティーブンと素晴らしいコラボレーション関係を築いていけることを心から期待しております」

2社は「トランスフォーマー2/リベンジ・オブ・ザ・フォーレン」など数多くのプロジェクトを抱えている。スピルバーグ監督自ら手がける「タンタン」3部作でも、組むのではないかと噂されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi