サミュエル・L・ジャクソンがタランティーノ映画出演の可能性を認める : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月22日 > サミュエル・L・ジャクソンがタランティーノ映画出演の可能性を認める
メニュー

サミュエル・L・ジャクソンがタランティーノ映画出演の可能性を認める

2008年9月22日 12:00

[映画.com ニュース] 10月から撮影が始まるクエンティン・タランティーノ監督・脚本の戦争映画「イングローリアス・バスターズ」について、サミュエル・L・ジャクソンが出演の可能性を米MTVにほのめかした。

ジャクソンと言えば、「パルプ・フィクション」での殺し屋ジュールス、「ジャッキー・ブラウン」での麻薬密売人オデール、カメオ出演ながら「キル・ビル Vol.2」での教会のピアノ弾きと、タランティーノ映画になくてはならない存在だ。

ジャクソンはMTVに対し、「出してもらおうと彼に電話したら、もしフランス語かなんかを習うんならという条件付きだったよ」と大笑いしながら答えたが、タランティーノ監督と再タッグを組みたい意欲を抱いているようだ。「なぜかって? 脚本にあるたったひとりの黒人はフランス語を話すんだよ」

同作の脚本で、ジャクソンが語っているキャラクターはマルセルという名の映写技師で、ヒロインのユダヤ人女性ショシャンナ(フランス人女優メラニー・ロランが扮演)と同じパリの映画館で働くアフリカ系男性。もしジャクソンが演じるとなると、全部のセリフをフランス語でしゃべるという無理難題に応えなければならなくなる。

最後には「黒人のフランス人俳優っているもんなのか?」とジャクソンは冗談めかして質問するほどで、タランティーノの脚本に相当ご執心のようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi