米アカデミー外国語映画賞日本代表決定!「おくりびと」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月16日 > 米アカデミー外国語映画賞日本代表決定!「おくりびと」初日
メニュー

米アカデミー外国語映画賞日本代表決定!「おくりびと」初日

2008年9月16日 12:00

海外での高評価が大ヒットの起爆剤に!「おくりびと」

海外での高評価が大ヒットの起爆剤に!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 滝田洋二郎監督、本木雅弘主演の「おくりびと」が第32回モントリオール世界映画祭グランプリを受賞して大いに話題になったが、今度は第81回米アカデミー外国語映画賞の日本代表に選ばれた。「おくりびと」は、来年1月22日に発表されるアカデミー賞ノミネート5作品の座を競い合う。候補作となれば、04年の「たそがれ清兵衛」(山田洋次監督)以来となる。

9月13日、その「おくりびと」が初日を迎え、東京・有楽町の丸の内プラゼールでは主演の本木のほか、広末涼子余貴美子吉行和子、脚本家・小山薫堂、音楽監督・久石譲、滝田監督が舞台挨拶を行った。

同作は、モントリオール映画祭グランプリ受賞後、アジアや欧米など海外約50カ国から問合せが殺到。その日も中国最大規模の映画祭である第17回金鶏賞で観客が選ぶ「観客賞」の作品賞、監督賞、主演男優賞を受賞したことが発表された。

海外で高い評価を受けていることについて、本木は「公開前からいい風がたくさん吹いて、前評判だけで独り歩きしているようで、逆に不安」と慎重になりながらも、「僕が“おくられびと”になる頃、(この映画が)日本の名作としてTVで再放送されるのを見たい」と作品への思い入れを語った。

撮影中は「チェロの特訓に悪戦苦闘した」と語った本木だが、「プロの僕が見ても、ちゃんと弾いてます」(久石)、「本木さんがあまりにも上手に(納棺の作業を)なさるので、私も真剣に死ななくてはいけないと覚悟した」(吉行)と、賞賛を浴びていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi