石原さとみ「別腹で2度楽しんで!」、「フライング☆ラビッツ」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月16日 > 石原さとみ「別腹で2度楽しんで!」、「フライング☆ラビッツ」初日
メニュー

石原さとみ「別腹で2度楽しんで!」、「フライング☆ラビッツ」初日

2008年9月16日 12:00

ミニバスケットを投げ入れ、ヒット祈願「フライング☆ラビッツ」

ミニバスケットを投げ入れ、ヒット祈願
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 実在する女子日本リーグ(Wリーグ)の「JALラビッツ」をモデルに、新人キャビンアテンダントがバスケットボール選手としても奮闘する姿を描いた深田祐介の小説「翔べ!ラビッツ」。同作の実写映画版「フライング☆ラビッツ」が13日に初日を迎え、東京・銀座の丸の内TOEI1では、主演の石原さとみ以下、真木よう子滝沢沙織渡辺有菜鹿谷弥生白石美帆高田純次瀬々敬久監督の総勢8名が舞台挨拶に顔を揃えた。

石原が「映画は楽しかったですかーっ!」と元気に声をかけると、早朝から詰め掛けたファンからは大きな拍手。石原は、「とても濃い(撮影の)2カ月間でした。あらためてバスケが好きなんだと思いました」と満足げな表情を見せた。とはいえ、クライマックスの試合の撮影は大変だったようで、「代々木体育館のフルコートを走ってはストップ、走ってはストップの繰り返しで『なんでカットがかからないの?』と思った」(石原)とコメント。一方、バスケは「まったくの素人」だという真木よう子は「本当に試合をやっていたんです。パスがもらえなくて……すごい悲しかった」とつぶやき、会場の笑いを誘った。

瀬々監督が「(バスケも演技も)パーフェクトだった」と絶賛した石原が、「学校は2学期が始まって、会社は中間報告があって大変だと思いますけど(笑)、本作は“別腹”ということで楽しんでください!」と挨拶を締めるた。「フライング☆ラビッツ」は、全国公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi