“笑顔の天使”アヤカ・ウィルソン主演作「パコと魔法の絵本」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月16日 > “笑顔の天使”アヤカ・ウィルソン主演作「パコと魔法の絵本」初日
メニュー

“笑顔の天使”アヤカ・ウィルソン主演作「パコと魔法の絵本」初日

2008年9月16日 12:00

11歳の天使の笑顔に大人たちは顔負け「パコと魔法の絵本」

11歳の天使の笑顔に大人たちは顔負け
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「下妻物語」「嫌われ松子の一生」で知られる中島哲也監督の最新作「パコと魔法の絵本」が初日を迎えた9月13日、東京・有楽町の有楽座にて、役所広司アヤカ・ウィルソン妻夫木聡土屋アンナ阿部サダヲ加瀬亮小池栄子劇団ひとり山内圭哉國村隼、中島監督による舞台挨拶が行われた。

挨拶に立ったキャスト陣は、一見しただけでは正体不明のメイクについて語った。「俳優さんたちの顔が本当に気持ち悪くて」(役所)、「撮影のことを思い出そうとしても、阿部さんのどアップの顔しか出てこない。すべての思い出をかき消すほどに強烈なエネルギーだった。残念な思い出」(加瀬)とそれぞれに強烈な思い出になったようだ。

嫌われ者の大貫老人を演じた役所はメイクに3時間もかかったそうで、「僕が撮影所に一番早く来るんです。まだ暗いうちに。監督がまだお家で寝てる時間には撮影所にいました」と暴露。それに続けとばかりに、ウィルソンが「監督がずっーとスタッフを怒鳴っていたのが忘れられません」と告白。中島監督は「トラウマを作ってしまいましたね」と苦笑いを浮かべつつも、「素晴らしい俳優さんたちが、自分のキャリアを台無しにしてしまいそうなほどのメイクやギャグをやってくれた」と感謝の言葉を述べた。

だが、その日の主役も最年少11歳のウィルソンだった。「大貫はクソジジイだけど、あっ、役所さんのことじゃなくて作品の中の話ですよ。大貫はパコちゃんに出会って優しい人になりましたね。人間には支えてくれる誰かがきっといるんです。そんな気持ちになれる映画です。皆さん、宣伝お願いします!」と笑顔を浮かべての大人顔負けのコメントに、大物女優の予感を漂わせていた。「パコと魔法の絵本」は現在公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi