ケイト・ウィンスレット主演で、性愛小説「飛ぶのが怖い」映画化? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月16日 > ケイト・ウィンスレット主演で、性愛小説「飛ぶのが怖い」映画化?
メニュー

ケイト・ウィンスレット主演で、性愛小説「飛ぶのが怖い」映画化?

2008年9月16日 12:00

脱ぐのは怖くない?「ホリデイ」

脱ぐのは怖くない?
Photo:Splash/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「タイタニック」「ホリデイ」のケイト・ウィンスレットが、エリカ・ジョング著の性愛小説「飛ぶのが怖い」のヒロイン、イザドラ・ウィング役のオファーを受けているようだ。

原作は、精神科医の夫との退屈な結婚生活に欲望のうずきを感じていた詩人のイザベラ夫人が、心と肉体の充足感を求めてさまよい、夫と愛人との奇妙な三角関係を築く物語で、大胆な性描写と卑わいなセリフで、出版された73年当時、世界中にセンセーションを巻き起こした女流作家ジョングの自伝的性愛小説だ。

今回映画化するのは、エミー賞3度受賞のTVコメディ「TVキャスター マーフィー・ブラウン」のクリエイターで、新作コメディ「ザ・ウーマン」(メグ・ライアンアネット・ベニングエバ・メンデス共演、9月12日全米公開)の製作・監督・脚本を手がけたダイアン・イングリッシュ監督。

「あの役はケイト・ウィンスレットしかいないと思ったので、脚本を見せているのは彼女1人なの」と同監督。「リトル・チルドレン」で不倫に身を焦がす人妻を演じたことがあるウィンスレットなら、性に奔放な人妻イザドラ役は確かに適任かもしれない。

ウィンスレットの近作には、ニコール・キッドマン妊娠のために代役を務めたレイフ・ファインズ共演のスティーブン・ダルドリー監督作「朗読者」(12月12日全米公開)と、親友レオナルド・ディカプリオ共演の夫サム・メンデス監督作「レボリューショナリー・ロード」(12月26日全米公開)がある。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi