タランティーノ監督「イングローリアス・バスターズ」のヒロインは仏女優! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月12日 > タランティーノ監督「イングローリアス・バスターズ」のヒロインは仏女優!
メニュー

タランティーノ監督「イングローリアス・バスターズ」のヒロインは仏女優!

2008年9月12日 12:00

ボンジュール、タラちゃん「マイ・ファミリー 遠い絆」

ボンジュール、タラちゃん
(C)CE QUI ME MEUT - STUDIO CANAL- STUDIO CANAL
IMAGE- FRANCE2 CINEMA
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 来月の撮影スタートを前に、現在キャスティングが佳境に入っているクエンティン・タランティーノ監督・脚本の最新戦争映画「イングローリアス・バスターズ」のヒロイン、ユダヤ人女性ショシャンナ・ドレイファス役が決まった。

仏芸能サイトPure Peopleが報じたもので、主役のショシャンナ役は、フィリップ・リオレ監督の「心配しないで」(06、DVD題「マイ・ファミリー/遠い絆」)で07年のセザール賞若手有望女優賞を受賞している25歳のフランス人女優メラニー・ロランに決定。彼女はすでに同作との契約を済ませ、タランティーノ監督がいるロサンゼルスへ飛んで撮影準備に入っているという。

ロランは83年2月21日パリ生まれ。主な出演作に、ジャック・オーディアール監督のフレンチノワール「真夜中のピアニスト」(05)や、第2次大戦を描いた「デイズ・オブ・グローリー」(06)。日本で近々見られる出演作はセドリック・クラピッシュ監督の群像劇「PARIS(パリ)」(08、12月公開)で、中年の歴史学の教授(ファブリス・ルキーニ)から講義中に見初められ、やがて肉体関係を持つ女子大生を演じている。

ロランが演じるショシャンナは、10代の時にナチス独軍によって家族を皆殺しにされたため復讐を誓ってパリへ出て、アルド・レイン中佐率いる特殊部隊“バスターズ”が計画するミッション、ヒトラー総統暗殺計画に連携するユダヤ人女性役だ。

10月にドイツで撮影が始まる「イングローリアス・バスターズ」の出演者はこれで、ブラッド・ピットメラニー・ロラン、クリストファー・ワルツ、ダイアン・クルーガーマイク・マイヤーズイーライ・ロスサム・レバインB・J・ノバク、ティル・シュバイガー、マイケル・ファスベンダーとなった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi