「P.S.アイラヴユー」ジェラルド・バトラー、「愛してる」は気軽に使うな : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月12日 > 「P.S.アイラヴユー」ジェラルド・バトラー、「愛してる」は気軽に使うな
メニュー

「P.S.アイラヴユー」ジェラルド・バトラー、「愛してる」は気軽に使うな

2008年9月12日 12:00

「アイ・ラブ・ユー」はここぞという時に「P.S.アイラヴユー」

「アイ・ラブ・ユー」はここぞという時に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オスカー女優ヒラリー・スワンクと共演した新作「P.S.アイラヴユー」のプロモーションのため来日中の人気俳優ジェラルド・バトラー(「オペラ座の怪人」「300/スリーハンドレッド」)が、9月11日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで行われた記者会見に登場した。

本作は、アイルランド元首相の娘セシリア・アハーンによる同名ベストセラー小説を、リチャード・ラグラベネーズ監督が映画化したもの。最愛の夫ジェリー(バトラー)を亡くし生きる望みを失っていた主人公ホリー(スワンク)が、死んだはずの夫から次々と届くラブレターによって、新しい人生を歩む希望を得る姿を描く。

女性たちの心を奪った「300」のタフでマッチョなイメージが強いバトラーだが、今回ラブストーリーへの出演を決めた理由を聞かれると、「ヒラリー・スワンクという素晴らしい女優と共演できるから」と即答。「現場で彼女の演技を観察して、“ヒラリー・メソッド”を盗んでやろうと思ったんだ。初めて一緒のシーンを撮影した時、カットがかかった瞬間、彼女が風のように去って何かを真剣に見ていたので“ソレだ!”と思って近づいたら、なんとTVで野球を見ていたよ(笑)。彼女は大の野球ファンなんだ。ますます彼女が好きになったね」

また、本作のタイトルにもある「アイ・ラブ・ユー」の言葉を効果的に使うコツについて、男性記者からアドバイスを求められると、「出来るだけたくさんの女性に言いまくって結果を待て(笑)。というのは冗談で、本当はその正反対。軽く言わないことが大切じゃないかな。使う時は心の底からそう思った時だけ。そうすれば相手も言葉の重みと、守られている幸せを感じてくれるだろう」と、モテ男らしい考えを披露した。

P.S.アイラヴユー」は10月18日公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi