ディズニー&ブラッカイマーが「ロンメル将軍を殺せ」を映画化! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月4日 > ディズニー&ブラッカイマーが「ロンメル将軍を殺せ」を映画化!
メニュー

ディズニー&ブラッカイマーが「ロンメル将軍を殺せ」を映画化!

2008年9月4日 12:00

第2次大戦の独軍が 大ブーム?「ブレイブハート」

第2次大戦の独軍が
大ブーム?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズを手がけたディズニーと製作者ジェリー・ブラッカイマーが、「キリング・ロンメル(ロンメル将軍を殺せ)」(スティーブン・プレスフィールド著)というノンフィクション戦争小説の映画化権を取得した。

原作小説は、第2次世界大戦中の1942年、北アフリカ戦線を舞台に、連合国軍から“砂漠のキツネ”と恐れられた独アフリカ軍団長エルビン・ロンメル大将率いる機甲師団の快進撃を、英国軍が阻止するまでの実話を描く。脚色には原作者プレスフィールド本人と、「ブレイブハート」「パール・ハーバー」の脚本家ランダル・ウォレスがあたり、ブラッカイマーがプロデュースする。ちなみに過去、ディズニー作品としてタイトルに「殺せ(Killing)」の文字が入った例はない。

なお、第2次大戦の独軍を描く映画として、トム・クルーズ主演でヒトラー総統の暗殺計画を描くブライアン・シンガー監督のスリラー「ワルキューレ」が今年12月に全米公開。また、ブラッド・ピット主演で8人のならず者で結成されたゲリラ特殊部隊を描くクエンティン・タランティーノ監督・脚本作品「イングローリアス・バスターズ」が今年10月からクランクインする予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi