「崖の上のポニョ」ベネチアで上映。宮崎監督は怒涛のサイン攻めに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月2日 > 「崖の上のポニョ」ベネチアで上映。宮崎監督は怒涛のサイン攻めに
メニュー

「崖の上のポニョ」ベネチアで上映。宮崎監督は怒涛のサイン攻めに

2008年9月2日 12:00

宮崎監督に初孫の知らせも!「崖の上のポニョ」

宮崎監督に初孫の知らせも!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 開催中の第65回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品された「崖の上のポニョ」の記者会見と公式上映が、現地時間8月31日に当地で行われ、05年に名誉金獅子賞を受賞している宮崎駿監督が登場すると熱烈な歓迎を受けた。

公式記者会見は会場の200席以上が満席になり、立ち見も出るほどの注目度で、今年のベネチアで会見にこれほどジャーナリストが詰めかけたのは、ジョージ・クルーニーブラッド・ピットが出席したオープニング作品「バーン・アフター・リーディング」(ジョエル&イーサン・コーエン監督)以来のこと。宮崎監督は、「ポニョ」製作の動機と意図について「スタジオジブリの若いスタッフたちに子供が生まれました。自分が若い時には気づかなかったようなことに、この歳になって気がつくようになり、そんな小さな子供たちを祝福したいという気持ちがこの作品には込められています」と語り、会見終了後には各国ジャーナリストのサイン攻めにあった。

また、夜の公式上映会場では、宮崎監督がスタンディングオベーションで迎えられ、上映後は、またまた嵐のようなスタンディングオベーションとサイン攻めに。「♪ポーニョ、ポーニョ」と主題歌を口ずさむ者も多かった。

宮崎監督は、第61回ベネチア国際映画祭で「ハウルの動く城」がコンペティション部門に出品され、オゼッラ賞(技術貢献賞)を受賞しているが、果たして今回は金獅子賞受賞なるか? 審査の結果が注目される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi