「ウォンテッド」主演俳優と対面のDAIGO、「うれしウィッシュ!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月2日 > 「ウォンテッド」主演俳優と対面のDAIGO、「うれしウィッシュ!」
メニュー

「ウォンテッド」主演俳優と対面のDAIGO、「うれしウィッシュ!」

2008年9月2日 12:00

続編でグローブを使ったりして「ウォンテッド」

続編でグローブを使ったりして
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 9月20日公開のアクション大作「ウォンテッド」(ティムール・ベクマンベトフ監督)でアンジェリーナ・ジョリーと共演する主演男優ジェームズ・マカボイが来日し、9月1日、東京・日比谷のザ・ペニンシュラ東京で会見を行った。マカボイ演じる主人公ウェスリーの日本語吹替えと日本版主題歌を担当したミュージシャンのDAIGOも登場した。

ウォンテッド」は、冴えないサラリーマンだったウェスリーが謎の暗殺組織にスカウトされ、秘められた能力を開花させていくとともに、自らの運命に立ち向かっていく姿を描く。初のアクション映画主演となったマカボイは、「こうした話を観客に信じさせるだけの演技をしなければいけないし、フィジカルな大変さもある。朝起きると頭が痛いってことは今までもあったけど、今回はさらに体も痛くて大変だった」と撮影を振り返った。

また、アクション俳優として今後ジェームズ・ボンド役のオファーがきたら?と聞かれると、「うれしいけど、とても想像できないよ。“008”くらいなら出来るかも。映画の冒頭ですぐに殺されちゃうようなヤツでさ」とイギリス人(スコットランド出身)らしくユーモアを交えて返し、映画についても「皮肉が効いてたり、バイオレンスの中にもユーモアがあるのが気に入ってる」と語った。

会見の最後には、ゲストとしてDAIGOが来場しマカボイと初対面。トレードマークの指貫グローブをマカボイにプレゼントし、さらに胸の前で腕をクロスさせる例の決めポーズ(ロックポーズ)をマカボイが気前良く一緒に披露してくれたことに感激。「まさかこのポーズが世界進出するとは……うれしウィッシュ!」とおなじみの台詞で締めくくった。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi