新「スター・トレック」に“カーク船長”W・シャトナーは出演せず! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月28日 > 新「スター・トレック」に“カーク船長”W・シャトナーは出演せず!
メニュー

新「スター・トレック」に“カーク船長”W・シャトナーは出演せず!

2008年8月28日 12:00

[映画.com ニュース] 「LOST」のクリエイターのJ・J・エイブラムスが監督する「スター・トレック」の新映画版に、TVシリーズ「宇宙大作戦」のオリジナルキャスト、カーク船長役で有名なウィリアム・シャトナーが出演しないことになった。米スター・トレック誌最新号に、シャトナーとエイブラムスが共に語ったもの。

同シリーズのファンサイトTrekMovie.comがその雑誌を採録した記事によると、シャトナーは「私は断じて、映画と関わりを持たなかった。それは一番奇妙なことだからね。また、大親友のレナード・ニモイも、(私の出演に関して)何も語ろうとはしなかったし……」と、一部で噂のあったエイブラムス監督との密会説を否定した。また彼は、今回の映画でカーク船長役を演じるクリス・パインの父であるロバート・パインと最近仕事をしたそうで、「とても大好きなファミリーだよ。彼(クリス)にはがんばってほしいし、映画が成功し、彼自身も成功できるよう望んでいる」と、友人の息子にエールを贈った。

同サイトの採録記事によると、エイブラムスも「オリジナル映画から配役されたメンバーはニモイだけだ」と断言しているので、どうやらシャトナーの出演シーンはなさそうだ。

シャトナーに関して、ベテラン俳優のクリストファー・プラマー(「サウンド・オブ・ミュージック」「インサイダー」)が、最近出版した自伝の「In Spite of Myself(私の代わり)」という章で、半世紀前の出来事を明かしている。プラマーは56年、シェイクスピアの「ヘンリー五世」の舞台に立っていたが、女性と遊びすぎたため梅毒にかかり、舞台を降板。その代役に立ったのが若きシャトナーだったそうな。

プラマーは、シャトナーがその後にカーク船長という当たり役を手に入れてスターとなったのは、「私の性病のおかげ」と豪語している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi