日本映画の名脇役、女優の深浦加奈子さん、48歳、ガンで急逝 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月27日 > 日本映画の名脇役、女優の深浦加奈子さん、48歳、ガンで急逝
メニュー

日本映画の名脇役、女優の深浦加奈子さん、48歳、ガンで急逝

2008年8月27日 12:00

[映画.com ニュース] 日本映画やTVドラマで名脇役として活躍した実力派女優、深浦加奈子さんが、8月25日午後10時57分、S状結腸ガンのため、入院先の東京・虎ノ門病院で亡くなった。48歳だった。

深浦さんは、5年前の03年3月に体調不良を訴え、病院で精密検査の結果、S状結腸ガンだと判明。懸命の闘病生活を続けてきたが、腸閉塞を併発した上、今年3月にはガンが肝臓にも転移、さらに今月4日には肺にも転移し再入院していた。病床では大好きな仕事のことばかり考えていたというが、25日夜、姉に看取られて静かに息を引き取った。

明治大学在学中から、劇作家・川村毅が主宰する劇団「第三エロチカ」の看板女優として活動。その後、映画やTVでも活躍。コミカルな役からシリアスな役まで幅広い演技で魅了した名バイプレイヤーだった。

ドラマでは「家なき子」で少女(安達祐実)をいびる家政婦、「ナースのお仕事」で新人看護婦(観月ありさ)の先輩看護婦、NHK大河「秀吉」で豊臣秀吉(竹中直人)の姉とも役で強烈な印象を残した。主な映画出演作は「バトル・ロワイヤル」(00)、「ハッシュ!」(01)、「たそがれ清兵衛」(02)、「幸せのスイッチ」(06)など。

「仕事が恋人」と語っていた深浦さんは、闘病中も精力的に活動。今年2月、東京・下北沢の駅前劇場で上演された舞台「新しい橋」に出演。7月28日、姉に付き添われ広島へ出向き、地方局の原爆ドキュメント番組のナレーションをこなしたが、これが最後の仕事になった。

葬儀は近親者のみで行い、後日、お別れ会を開く予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi