ベルリン映画祭で賛否両論!マドンナ初監督作の予告編が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月26日 > ベルリン映画祭で賛否両論!マドンナ初監督作の予告編が公開
メニュー

ベルリン映画祭で賛否両論!マドンナ初監督作の予告編が公開

2008年8月26日 12:00

ガイ・リッチーより才能があったりして「ワンダーラスト」

ガイ・リッチーより才能があったりして
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年2月のベルリン国際映画祭で賛否両論を巻き起こした歌手マドンナの初監督作品「ワンダーラスト」(原題「Filth and Wisdom」)の予告編が、フランスでリリースされた。

本作は、ミュージシャンを夢見るウクライナ移民の男A.K.(ユージン・ハッツ)、バレリーナになりたいのに生活費を稼ぐためにポールダンスダンサーをしている女性ホリー(ホリー・ウェストン)、アフリカの子供たちを救済したい薬剤師助手の女性ジュリエット(ビッキー・マクルーア)というロンドンでルームシェアする男女3人の「堕落と英知」を描く青春映画。マドンナは主人公3人に自分自身を投影しているという。

A.K.役のユージンは、ニューヨークを拠点に活動するジプシーパンクバンド、“ゴゴール・ボルデオ”のボーカル。今年のフジロック・フェスティバルにも参加したが、すでに07年のライブ・アースでマドンナと共演しており、本作でも同バンドの楽曲が多数使われている。今年のグッチ(GUCCI)の秋冬ラインは、ユージンのファッションからインスピレーションを受けデザインされるなど、要注目のミュージシャンだ。

他に、英国人俳優リチャード・E・グラントや、夫ガイ・リッチー監督の「スナッチ」で俳優デビューを飾ったエイドなどが出演。脚本家はダン・ケイダン、撮影監督はティム・モーリス=ジョーンズなど、リッチー組からの“派遣スタッフ”で固められている。なお、ベルリン映画祭ではわずか48分の中編だったが、81分の長編作品に仕上がり、8月23日に始まった歌手マドンナの世界ツアー「スティッキー・アンド・スウィート」に合わせる形で、世界的に公開される運びとなった。日本ではヘキサゴン配給で09年春公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi