アブリル・ラビーン、セクシー過ぎてライブ中止の危機! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月21日 > アブリル・ラビーン、セクシー過ぎてライブ中止の危機!
メニュー

アブリル・ラビーン、セクシー過ぎてライブ中止の危機!

2008年8月21日 12:00

[eiga.com 音楽ニュース] 今月末、マレーシアでライブを開催する予定だったアブリル・ラビーンだが、同国のイスラム教の政党から彼女のパフォーマンスは“セクシー過ぎる”と、コンサート中止を要求する声が上がっている。

全マレーシア・イスラム党の役員は、「我々は彼女のパフォーマンスがセクシー過ぎると考えています。マレーシアの観客には適切ではありません。我が国民、若者に悪い影響を与えてほしくないのです。我々には、クリーンなアーティスト、模範となるアーティストが必要です」とコメント。同党は、文部省やコンサートが行われるクアラルンプールの市長に抗議の文書を送付済みだという。

ライブは8月29日に予定されているが、同国文部省によると政府はまだ開催を承認したわけではなく、この後開かれる会議でプロモーターからの申請を検討する。 マレーシアでは、イスラム教の教義によりパフォーマーは胸のあたりから膝までを覆うよう要求されており、ヘソ出しなどはもってのほか。アブリルの場合、たとえライブ開催が認められても、衣装の変更はもちろん、シャウトやジャンプ、ハグなどのアクションが一切禁止される可能性もあるそうだ。

ちなみに、マレーシアでは昨年、グウェン・ステファニーのライブにも反対の声が上がった。ライブは敢行されたが、グウェンはほとんど肌を露出しないコスチュームでステージに上がっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi